零売薬局(零売制度)とは
お医者さんに処方せんをもらってから購入することできるお薬を『医療用医薬品』といいますが、医療用医薬品の約15,000品目のうち約7千品目は『処方せん医薬品以外の医療用医薬品』という分類になっています。 ミライロ薬局ではこの『処方せん医薬品以外の医療用医薬品』、つまり【非処方せん医薬品※】について、厚生労働省が制定するルールに則って、購入を希望する会員の皆様に販売をしていきます。この販売制度を零売制度といいます。
零売薬局は以下のような方が利用しています
このような時こそ、ミライロ薬局(零売薬局)をご活用ください!
ミライロ薬局の特徴
非処方せん医薬品を購入できます
処方せんをもらってから購入できる薬『医療用医薬品』約15,000品目のうち約7千品目にあたる『処方せん医薬品以外の医療用医薬品』である非処方せん医薬品を、厚生労働省が制定するルールに則って、購入を希望する会員の皆さまに販売いたします。
医療機関へ行く手間や待ち時間の短縮
例えば「病院の診療時間に受診できなくて困っている」「健康相談や薬の相談を気軽にしたい」そんな時こそミライロ薬局をご活用ください。医療機関に行く手間を省き、待ち時間を短縮できます。
ドラッグストアで買える市販薬よりお得
医療用医薬品は市販薬よりも価格が安くお求めやすいのが特徴です。
病院代がかからない他、調剤薬局でかかる基本料や管理料、調剤料といった費用はかかりませんが、保険適用外なので医薬品代は一部負担にはなりません。その為、ご希望の医薬品の種類と量によって、安価にご提供できる場合と、高くなってしまう場合もあります。 先ずは薬剤師にご相談ください。
薬剤師による無料相談で
あなたのかかりつけ薬局に
飲み方や副作用について説明をしてほしい、病気のこと、薬のことを相談したいけどどこに連絡したらいいかわからない、ミライロ薬局は薬剤師が親切丁寧にお話を伺います。ご相談だけなら無料ですので、薬や健康管理のことなど、お気軽にご相談ください。
また、ミライロ薬局は病院と同様にお一人お一人のお薬のご使用歴やご相談内容を記録し、皆様のお悩みに対しご提案をさせていただきます。
来店予約可能なアプリ、店内タブレットの設置
ミライロアプリをダウンロードし会員登録いただくと来店予約や仮注文、お薬手帳の登録、薬剤師さんとのチャット相談などが可能になり大変便利です。 机に備え付けタブレットでは零売薬局についてのご案内やQ&A、会員登録の方法、零売医薬品の種類・効能を検索したり、アプリの使い方などを分かりやすくご案内しています。
くつろぎ空間のご提供
おしゃれな外観とスタイリッシュな内装、居心地の良い空間で健康について見つめ直す時間をご提供したい…そんな思いからミライロ薬局は生まれました。
待合室ではゆったりくつろげる空間をご提供いたします。
店内では医療用医薬品以外の一般医薬品・サプリメント・健康食品も提供しております。
零売制度のメリット・デメリット
零売制度は処方せんをもたない患者さんに対し許可されている医薬品を販売できる販売業態で、ご利用になられる方にとってメリットがある反面、デメリットもあります。
メリット・デメリットをご理解いただいた上で、ご自身のライフスタイルに合わせて零売薬局をご利用ください。
ご不安な点がありましたら、お気軽にミライロ薬局までご相談・お問合せください。
メリット
・現在服用中の【非処方せん医薬品】に関して、薬剤師に相談することができる。
・来局者の相談内容によっては【非処方せん医薬品】を薬剤師が法令に基づいた範囲内で購入することができる。
デメリット
・診察を受けないので疾病見落としのリスクがある。
・保険適用外のため、自費での支払いになる。(但し保険適用よりも安くなることもあります)
・治療のファーストチョイスとしては選択できない。
・一度に買える薬剤量は必要最低限となる。
・副作用防止の観点からも、かかりつけ薬局での購入が求められる。(健康管理上はメリットでもある)